フリープログラミング for windows.

Visual C++ Express Editionを使ってみる(WTL編)

WTL(Windows Template Library)を利用するにはWindows Platform SDKがインストールされている必要があります。 (Windows Platform SDKのインストールについては、 「Visual C++ Express Editionを使ってみる(Windows Platform SDK編))」 を参照してください。

WTLを利用するための方法についてはThe Code Projectの サイトの記事「Using WTL with Visual C++ 2005 Express Edition」 に記載されています。また、Express用に修正したセットアップ用のスクリプトをダウンロードすることが可能となっています。

今回は、この方法を元にWTL(Windows Template Library)を使用してみます。

インストールと設定

WTLの入手とインストール

WTLの最新版は「SourceForge.net: Windows Template Library(WTL)」 より入手可能です。

また、Microsoftのダウンロードセンターでも「Windows Template Library (WTL) 7.5」が入手できます。

入手したファイル(自己解凍形式)を配置したいフォルダに展開します。

Windows Platform SDKに含まれるATLの修正

Windows Platform SDKに含まれるATLのソースを一部修正する必要があります。 これは、SDKに含まれるATLのバージョンが古いために必要となります。

修正するソースは、Windows Platform SDK をインストールしたフォルダ下のinclude\atlのatlwin.hとatlbase.hです。

修正内容は「Using WTL with Visual C++ 2005 Express Edition」を 参照してください。

Express用のセットアップスクリプトの入手と実行

Using WTL with Visual C++ 2005 Express Edition」 からDownload source から setup80express.zip をダウンロードします。

解凍すると、setup80express.js ファイルができます。

setup80express.js を WTL を格納したフォルダの下の AppWiz フォルダ下にコピーします。

コピーしたスクリプトファイルをダブルクリックをし、実行します。

setup80express.js は setup80.js をExpress用に修正されたものです。

Express Edition ではプロダクト情報を保存するレジストリキーやフォルダ構成が、他エディションとは異なるので 修正されているものです。

VC++の起動とインクルードパスの設定

VC++を起動し、[ツール]-[オプション]でオプションウインドウが表示されます。 左のツリーから[プロジェクトおよびソリューション]-[VC++ ディレクトリ]を選択します。 右上のリストボックスから[インクルードファイル]を選択し、 SDKをインストールしたフォルダの Include\atl フォルダの設定と、 WTLをインストールしたフォルダの include フォルダを設定します。

WTL - VC設定

 

WTLプロジェクトの作成と実行

WTLプロジェクトの作成

[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]から[新しいプロジェクト]ウインドウを表示します。

プロジェクトの種類に WTL が追加されているはずです。 [WTL]をクリックします。

ウイザード(WTL)1

[ATL/WTL Application Wizard]を選択し、[プロジェクト名]を入力し[OK]ボタンをクリックします。

ウイザード(WTL)2

WTLのウイザードが開始されますので、[次へ>]をクリックします。

ウイザード(WTL)3

作成するタイプのアプリケーションを選択します。ここではデフォルトの設定(SDIアプリケーション)で、[次へ>]をクリックします。

ウイザード(WTL)4

アプリケーションに追加する機能をチェックします。ここではデフォルトの設定で、[Finish]をクリックします。

プロジェクトが作成されます。

ビルドと実行

ソリューションエクスプローラーから作成したプロジェクトを右クリックで[ビルド]を選択しビルドします。

下段の出力ペインにビルド結果が表示されます。エラーがなければOKです。

[デバッグ]-[デバッグ開始]でビルドしたプログラムが実行され、以下のようなウインドウが表示されます。

サンプルアプリケーション

 

ソフトウエア製品

やっぱり、製品版でないとなにかと不自由な面も多いのは確かです。Windowsプログラミングするなら...

■ Visual Studio 2008

検出率、アップデート頻度、軽さ等、好評のセキュリティソフト...

■ カスペルスキー

格安レンタルサーバ

月額1000円以下で利用できるレンタルサーバです。

■ ロリポップ!
■ チカッパ!
■ さくらインターネット
■ TOK2 PROFESSIONAL
■ Bfit.jp

ネットバンク

金利の高さと、手数料の安さからネットバンクはたいへんお得です。

■ ジャパンネット銀行
■ イーバンク銀行

アフィリエイト

ブログ、ホームページを持っているなら、アフィリエイトで広告収入を得られます。

■ A8.net
■ リンクシェア
■ JANet

パソコン・周辺機器

インターネットだけのサービスやアウトレット、思わぬ掘り出し物があるので、こまめにチェックしたいものです。

メーカ直販系
□ パソコン本体
■ デルオンラインストア
■ エプソンダイレクト
■ ソニースタイル
■ Apple Store
■ 富士通直販サイト WEB MART
■ NEC「得選街」
■ レノボ・ジャパン株式会社
■ マウスコンピューター
□ 周辺機器
■ ioPLAZA
ショップ系
■ ジョーシン
■ パソコン専門店PCDEPOT WEB本店


Apple Store(Japan)
Copyright(C) 2005 freepg-lab. All rights reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO