フリープログラミング for windows.

Eclipse + VE を使ってみる (インストール編)

Eclipseはオープンソースでフリーで提供されている統合開発環境(IDE)です。 今回はGUIのプラグインであるVisual Editor(VE)を使用してみます。 VEはGUIツールキットであるAWT、Swing、SWTに対応しています。

Eclipseのインストール

Eclipseとランゲージパックの入手

Eclipseのサイトのダウンロードページよりダウンロードします。

Download now の [Eclipse SDK 3.2.1]をクリックし、ダウンロードするサイトを選択し、eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip をダウンロードします。

次に、ダウンロードページより NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip をダウンロードします。

Eclipseとランゲージパックの展開

入手したパッケージは zip により圧縮されたものです。それぞれ展開して使用します。

eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip を適当な場所に展開します。(eclipseという名前のフォルダに展開されます)

NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip も展開し、eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip を展開したフォルダに上書きします。

Eclipseの起動

Eclipseの起動

EclipseはJavaで作成されていますので、起動にはJREが必要です。JREがインストールされていない場合は、 JDKまたはJREをインストールしてください。 Sun社のダウンロードページから入手できます。

Eclipseを展開したフォルダ下の eclipse.exe をダブルクリックします。 デフォルトで起動すると[ワークスペースの選択]ウインドウが開きます。

[ワークスペースの選択]ウインドウ

 

ワークスペースには作業領域で各設定や状態が記録されます。適当なフォルダを選択して[OK]をクリックします。

[Eclipse ようこそ]ウインドウ

 

[ようこそ]と初期画面が表示されます。×でタブ閉じればデフォルトの画面が表示されます。

Visual Editor(VE)プラグンの導入

Callistoディスカバリー・サイトからのプラグインの導入

Callistoディスカバリー・サイトは、複数のプラグインのプロジェクトを統合してリリースすることで、 複数のプロジェクトで提供されるプラグインの導入を簡単にできるようになっています。

メニューより、[ヘルプ]-[ソフトウエア更新]-[検索およびインストール]を選択します。

[インストール/更新]ウインドウ

 

[インストールする新規フィーチャーを検索]にチェックをし、[次へ>]ボタンをクリックします。

[インストール]ウインドウ

 

[Callisto ディスカバリー・サイト]にチェックをし、[終了]ボタンをクリックします。

[更新サイトのミラーリング]ウインドウ

 

取得するサイトを選択します。デフォルト(Callisto ディスカバリー・サイト)でもミラーリングサイトでもかまいません。 ここでは、[Japan] Japan Advanced Institue of Science and Technology (http) を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

[更新]ウインドウ

 

インストールする機能を選択します。全て選択してもかまいませんが、今回はVisual Editor(VE)の導入が目的なので、 VEの導入に必要なプラグインのみとします。 [Callisto ディスカバリー・サイト]ツリーを開き、[Graphical Editors and Frameworks]をチェックします。 (この時点で、EMFプラグインが必須であるメッセージが表示されます) 次に、[必須項目を選択]ボタンをクリックします。

[更新]ウインドウ拡大

この時点で、Visual Editor(VE)、Graphical Editing Framework(GEF)、 Eclipse Modeling Framework(EMF)が選択されている状態となります。

[次へ>]ボタンをクリックします。

[インストール]ウインドウ

 

各プラグインをインストールするには各プラグインのライセンスに同意する必要があります。 よろしければ、[使用条件の条項に同意します]をチェックし、[次へ>]ボタンをクリックします。

[インストール]ウインドウ

 

インストールするには各プラグインの確認とインストールする場所の変更ができます。 ここでは、デフォルトのまま、[終了]ボタンをクリックします。

ダウンロードとインストールが開始されます。途中で、[フィーチャーの検査]ダイアログが表示されますが、 [インストール]ボタンまたは、[すべてインストール]ボタンをクリックすることで、インストールをします。

[インストール/更新]ウインドウ

 

最後に、Eclipseワークベンチを再始動の確認ダイアログが表示されます。 [はい]ボタンをクリックします。

Eclipseワークベンチが再起動されます。これで、Visual Editor(VE)プラグインが利用できるようになります。


ソフトウエア製品

やっぱり、製品版でないとなにかと不自由な面も多いのは確かです。Windowsプログラミングするなら...

■ Visual Studio 2008

検出率、アップデート頻度、軽さ等、好評のセキュリティソフト...

■ カスペルスキー

格安レンタルサーバ

月額1000円以下で利用できるレンタルサーバです。

■ ロリポップ!
■ チカッパ!
■ さくらインターネット
■ TOK2 PROFESSIONAL
■ Bfit.jp

ネットバンク

金利の高さと、手数料の安さからネットバンクはたいへんお得です。

■ ジャパンネット銀行
■ イーバンク銀行

アフィリエイト

ブログ、ホームページを持っているなら、アフィリエイトで広告収入を得られます。

■ A8.net
■ リンクシェア
■ JANet

パソコン・周辺機器

インターネットだけのサービスやアウトレット、思わぬ掘り出し物があるので、こまめにチェックしたいものです。

メーカ直販系
□ パソコン本体
■ デルオンラインストア
■ エプソンダイレクト
■ ソニースタイル
■ Apple Store
■ 富士通直販サイト WEB MART
■ NEC「得選街」
■ レノボ・ジャパン株式会社
■ マウスコンピューター
□ 周辺機器
■ ioPLAZA
ショップ系
■ ジョーシン
■ パソコン専門店PCDEPOT WEB本店


Apple Store(Japan)
Copyright(C) 2005 freepg-lab. All rights reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO