フリープログラミング for windows.

Eclipse + VE を使ってみる (SWT編)

今回はGUIのプラグインであるVisual Editor(VE)を使用してSWTアプリケーションを作成します。

プロジェクトの作成

Javaプロジェクトの作成

メニューより[ファイル]-[新規]-[プロジェクト...]を選択します。

[新規プロジェクト]ウインドウ

 

[新規プロジェクト]ウインドウが表示されます。[Java プロジェクト]を選択して、[次へ>]ボタンをクリックします。

[新規プロジェクト]-[プロジェクト設定]ウインドウ

 

プロジェクトの基本設定です。 プロジェクト名の設定、プロジェクトの作成場所や使用するJREの指定、ソース・クラスファイルの配置場所の変更ができます。 ソース・クラスファイルはデフォルトではプロジェクトフォルダー直下に作成されます。

ここでは、プロジェクト名を"HelloSWT"とし、ソースとクラスファイルを別のフォルダにしたいので、 [別のソースおよび出力フォルダーを作成]にチェックをし、[次へ>]ボタンをクリックします。

[新規プロジェクト]-[ビルド設定]ウインドウ

 

ビルド環境設定です。 [別のソースおよび出力フォルダーを作成]とした場合、 デフォルトではソースはプロジェクトフォルダ下の "src" に、 クラスファイルは "bin" に作成されます。

SWTライブラリを指定するため、[ライブラリー]タブをクリックし、[ライブラリーの追加]ボタンをクリックします。

[ライブラリーの追加]ウインドウ

 

追加するライブラリーを選択します。 [Standard Widget Toolkit (SWT)]を選択し、[次へ>]ボタンをクリックします。

[ライブラリーの追加]ウインドウ

 

SWTライブラリオプションの設定です。そのまま[IDE Platform]選択で、[終了]ボタンをクリックします。

[新規プロジェクト]-[ビルド設定]-[ライブラリ]ウインドウ

 

[Standard Widget Toolkit (SWT)]が追加されました。[終了]ボタンをクリックします。

Visual Classの作成と編集

Visual Classの作成

通常のJavaクラスを作成する場合は、クラスを作成しますが、VEで編集するクラスはVisual Classを作成します。

[パッケージ・エクスプローラー]からプロジェクトを右クリックし[新規]-[その他]を選択します。

[新規]Visual Classの作成

 

新規作成する種類を選択します。 [Java]-[Visual Class]を選択し、[次へ>]ボタンをクリックします。

[新規]Visual Classの作成

 

クラスの情報を入力します。

ここでは、パッケージ名に "sample" クラス名に "HelloSWT" と入力し、 Style に [SWT]-[Shell] を選択します。また、main()メソッドを定義したいので、 [public static void main(String[] args)]にチェックをします。

[終了]ボタンをクリックします。

これで、以下のようにVEのGUIエディターを伴うクラスの編集が可能となります。

ワークスペース

Visual Classの編集

上記ではウインドウのタイトルは"Shell"、サイズは横300px,縦200pxとなっています。 タイトルを"Hello SWT"、サイズを横600px,縦400pxに設定します。

VEエディタsetText()

 

作成したShellのウインドウ上で、右クリックにより[Set Text]を選択します。

VEエディタsetText()

 

ウインドウの左上部に入力エリアが表示されますので、そこに"Hello SWT"と入力します。

すると、タイトルの内容も、"Hello SWT"にかわり、ソース上の内容も変更されます。

	private void createSShell() {
		sShell = new Shell();
		sShell.setText("Hello SWT");
		sShell.setSize(new Point(300, 200));
		sShell.setLayout(new GridLayout());
	}

次にサイズを変更する場合ですが、 VEエディタ上でウインドウの左端をドラッグ&ドロップすることで変更することができますが、 サイズきっちりにするのは難しいので、ソースのほうを修正します。

	private void createSShell() {
		sShell = new Shell();
		sShell.setText("Hello SWT");
		sShell.setSize(new Point(600, 400));
		sShell.setLayout(new GridLayout());
	}

すると、VEエディタ上でウインドウも変更されます。これは先ほどのタイトルを変更する場合も、 ソースから修正することも可能です。

編集したら、[ファイル]-[保管]で書き込みます。

アプリケーションの実行

SWTアプリケーションの実行/デバッグ

上記で作成したクラスは、 メニューから[実行]-[実行]-[SWT アプリケーション]で実行、デバックは[実行]-[デバッグ]-[SWT アプリケーション] でデバッグできます。

実行すると以下のようなウインドウが表示されます。

SWTアプリケーションの実行


ソフトウエア製品

やっぱり、製品版でないとなにかと不自由な面も多いのは確かです。Windowsプログラミングするなら...

■ Visual Studio 2008

検出率、アップデート頻度、軽さ等、好評のセキュリティソフト...

■ カスペルスキー

格安レンタルサーバ

月額1000円以下で利用できるレンタルサーバです。

■ ロリポップ!
■ チカッパ!
■ さくらインターネット
■ TOK2 PROFESSIONAL
■ Bfit.jp

ネットバンク

金利の高さと、手数料の安さからネットバンクはたいへんお得です。

■ ジャパンネット銀行
■ イーバンク銀行

アフィリエイト

ブログ、ホームページを持っているなら、アフィリエイトで広告収入を得られます。

■ A8.net
■ リンクシェア
■ JANet

パソコン・周辺機器

インターネットだけのサービスやアウトレット、思わぬ掘り出し物があるので、こまめにチェックしたいものです。

メーカ直販系
□ パソコン本体
■ デルオンラインストア
■ エプソンダイレクト
■ ソニースタイル
■ Apple Store
■ 富士通直販サイト WEB MART
■ NEC「得選街」
■ レノボ・ジャパン株式会社
■ マウスコンピューター
□ 周辺機器
■ ioPLAZA
ショップ系
■ ジョーシン
■ パソコン専門店PCDEPOT WEB本店


Apple Store(Japan)
Copyright(C) 2005 freepg-lab. All rights reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO