フリープログラミング for windows.

Visual C++ Express Editionを使ってみる(Windows Platform SDK編)

Visual Studio 2005 パッケージの各エディションの中で Express Edition は無料でダウンロードできます。 MFC、ATL、リソースエディタが使用できない等、 Standard Edition からは多くの機能に制限はあるものの、無料ということを 考えると十分な機能が提供されています。本格的なアプリケーション開発をするなら Standard Edition はほしいところですが、 何はともあれ、フリーで利用できるという魅力から間違いなく人気になるでしょう。

インストール

Visual C++ 2005 Express Edition 日本語版のインストール

Microsoft の Visual C++ 2005 Express Edition のサイトからインストールが可能です。

WebからインストールとCDイメージ(.iso)をダウンロードしてインストールする方法があります。 ここではWeb からインストールを行います。

「Web からインストール」をクリックすると以下のダイアログウインドウが表示されます。

ファイルのダウンロード

 

[実行]をクリックします。

Visual C++ 2005 Express - Steup2

 

セキュリティのダイアログウインドウが表示されます。[実行する]をクリックします。

セットアップアプリケーションの実行

 

セットアップウインドウが表示されます。[次へ]をクリックします。

セットアップウイザード(VC++)1

 

使用許諾契約書が表示されますので、内容を確認し、同意する場合は、[同意する]にチェックをし、[次へ>]をクリックします。

セットアップウイザード(VC++)2

 

インストールオプションでMicrosoft SQL Server 2005 Express Edition が加えてインストールが可能です。 必要であれば、チェックをし、必要でなければ、そのまま[次へ>]をクリックします。

セットアップウイザード(VC++)3

 

インストール先のフォルダを指定して、[インストール>]をクリックします。インターネットに接続されている必要があります。

セットアップウイザード(VC++)4

 

ダウンロードおよびインストールが開始されます。

セットアップウイザード(VC++)5

 

インストールが完了しました。[終了]をクリックします。

ライセンスキーの登録も無料ですので、すぐに登録しておくことをお勧めします。 登録していない場合は、30日間しか使用できません。

Windows Platform SDKのインストールと設定

Windows ネイティブのアプリケーションを作成する場合は、Windows Platform SDKが必要です。

Microsoftの「Visual C++ 2005 Express Edition と Microsoft Platform SDK を一緒に使う」 にインストールと設定方法が記載されていますので、手順とおり実施します。

手順1は前述でインストールしましたので、手順2の Microsoft Platform SDK をインストールをします。

Windows Platform SDKのページより 自身のPCのアーキテクチャに該当するファイルを選択し実行します。ここでは、[PSDK-x86.exe]を実行します。

セットアップウイザード(SDK)1

 

セットアップウイザードが表示されますので[Next>]をクリックします。

セットアップウイザード(SDK)2

 

ライセンス同意事項が表示されますので、内容を確認し、同意する場合は、[I Agree]にチェックをし、[Next>]をクリックします。

セットアップウイザード(SDK)3

 

ユーザ情報を入力し、[Next>]をクリックします。

セットアップウイザード(SDK)4

 

必要なコンポーネントを選択する場合はCustomを、 全てのコンポーネントをセットアップする場合はTypicalを選択します。 ここではTypicalを選択し、[Next>]をクリックします。

セットアップウイザード(SDK)5

 

インストール先のフォルダを指定し、[Next>]をクリックします。

セットアップウイザード(SDK)6

 

[Next>]をクリックするとインストールが開始されます。

セットアップウイザード(SDK)7

 

インストールが完了しました。[Finish]をクリックすします。

手順3から手順5はVisual C++ Express Edition上でWin32 アプリケーションを作成するために 必要な設定です。手順とおりに実施します。

[ツール]-[オプション]でオプションウインドウが表示されます。

左のツリーから[プロジェクトおよびソリューション]-[VC++ ディレクトリ]を選択します。

オプション設定1

右上のリストボックスから[実行可能ファイル]を選択し、その下のボタンで行を追加し、 SDKをインストールしたフォルダのBinフォルダを指定します。

オプション設定2

同様に右上のリストボックスから[インクルードファイル]を選択し、SDKをインストールしたフォルダのIncludeフォルダを指定と、 [ライブラリファイル]を選択し、SDKをインストールしたフォルダのLibフォルダを指定します。

 

次に、corewin_express.vsprops を修正します。corewin_express.vsprops は Visual C++ 2005 Express をインストールした フォルダのVC\VCProjectDefaultsにあります。(デフォルトではC:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\VCProjectDefaults)

手順とおり、次の行を

AdditionalDependencies="kernel32.lib"

以下のように修正します。

AdditionalDependencies="kernel32.lib user32.lib gdi32.lib winspool.lib comdlg32.lib
advapi32.lib shell32.lib ole32.lib oleaut32.lib uuid.lib"

 

最後に AppSettings.htm を編集します。AppSettings.htm はVisual C++ 2005 Express をインストールした フォルダのVC\VCWizards\AppWiz\Generic\Application\html\1041にあります。

(デフォルトではC:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\VCWizards\AppWiz\Generic\Application\html\1041)

テキストエディタで441行目から444行目を // を追加しコメントアウトします。

//      WIN_APP.disabled = true;
//      WIN_APP_LABEL.disabled = true;
//      DLL_APP.disabled = true;
//      DLL_APP_LABEL.disabled = true;

 

Win32アプリケーションの生成と実行

プロジェクトの生成

スタートメニューより、Visual C++ 2005 Express Edition を起動します。

[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]から[新しいプロジェクト]ウインドウを表示します。

プロジェクトの種類ツリーから[Visual C++]-[Win32] をクリックします。

Visual Studio にインストールされたテンプレートより[Win32 コンソール アプリケーション] をクリックし、 プロジェクト名に名前を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

プロジェクトウイザード1

[Win32 アプリケーション ウィザード]ウインドウが表示されます。

プロジェクトウイザード2

[次へ>]をクリックします。

プロジェクトウイザード3

[Windows アプリケーション]を選択し[完了]をクリックします。

プロジェクトが生成されるはずです。

 

ビルドと実行

ソリューションエクスプローラーから作成したプロジェクトを右クリックで[ビルド]を選択しビルドします。

下段の出力ペインにビルド結果が表示されます。エラーがなければOKです。

[デバッグ]-[デバッグ開始]でビルドしたプログラムが実行され、以下のようなウインドウが表示されます。

サンプルアプリケーション

 

ソフトウエア製品

やっぱり、製品版でないとなにかと不自由な面も多いのは確かです。Windowsプログラミングするなら...

■ Visual Studio 2008

検出率、アップデート頻度、軽さ等、好評のセキュリティソフト...

■ カスペルスキー

格安レンタルサーバ

月額1000円以下で利用できるレンタルサーバです。

■ ロリポップ!
■ チカッパ!
■ さくらインターネット
■ TOK2 PROFESSIONAL
■ Bfit.jp

ネットバンク

金利の高さと、手数料の安さからネットバンクはたいへんお得です。

■ ジャパンネット銀行
■ イーバンク銀行

アフィリエイト

ブログ、ホームページを持っているなら、アフィリエイトで広告収入を得られます。

■ A8.net
■ リンクシェア
■ JANet

パソコン・周辺機器

インターネットだけのサービスやアウトレット、思わぬ掘り出し物があるので、こまめにチェックしたいものです。

メーカ直販系
□ パソコン本体
■ デルオンラインストア
■ エプソンダイレクト
■ ソニースタイル
■ Apple Store
■ 富士通直販サイト WEB MART
■ NEC「得選街」
■ レノボ・ジャパン株式会社
■ マウスコンピューター
□ 周辺機器
■ ioPLAZA
ショップ系
■ ジョーシン
■ パソコン専門店PCDEPOT WEB本店


Apple Store(Japan)
Copyright(C) 2005 freepg-lab. All rights reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO